INNOVATION PARK-jp

イノベーションパーク: イノベーションハブ 

イノベーションパークでは、アセアン経済共同体(AEC)域内の結束を強化しつつ、様々な分野におけるタイの競合性をより高めることを目的に、イノベーションのためのインフラストラクチャーの開発を戦略的に推進してきており、現在ではタイ国内はもとより、アセアンのイノベーションハブとしての役割を果たすまでになりました。イノベーションムーブメントとは、国家レベルのイノベーションシステムの前進に向けての突破口となることも期待されており、タイの経済界はより高い効率性と競合性を持って更なる力をつけていくことでしょう。

所在地

  • ラマ6世通りのソイ・ヨティーにある科学技術省の敷地内に立地
  • 総面積10,000 平方メートルの内、共有スペースが1,200平方メートル、活用スペースが8,800 平方メートル
  • 総床面積が1,600 平方メートルで、40 x 40 メートルの7階建て
        • 1階: オープンイノベーションスペース

        オープンイノベーションスペースは、展示会や催事が開催できるように設計された大規模ホールの他、受付、広報室があります。

        • 中二階: アイディエーションスペース

        アイディエーションスペースでは、静かにくつろげる環境が整えられ、創造性溢れるイノベイティブなアイディアを練るのに最適な場所です。

        • 2階: IOTシティイノベーションセンター

        IOTシティイノベーションセンターは、イノベイティブなエコシステム開発のハブとされています。

        • 3階: コイノベーティングスペース

        コイノベ―ティングスペースは、起業家が革新的なビジネスを展開する上で、素晴らしいアイディアとプロの経験を共有し、イノベーションネットワークを広げるための場です。

        • 4: イノベーション戦略スペース は、国家イノベーション庁 (公的機関) (NIA) に勤務する職員の職場です。

         

        • 5階・6階: コンファレンスルーム

        設備の整ったコンファレンスルームと会議やその他のアクティビティが開催できる活用スペースとなっています。

        • 7階: 休憩ゾーン

        休憩ゾーンは、NIAの職員にとって憩いの場となっています。

        特徴

  • ワンストップ・イノベーションサービス

イノベーションパーク では、イノベーション開発やそれに付随するビジネス展開に関する包括的な情報サービスを提供しています。戦略的なイノベーションハブとして機能しながら、ワンストップ・イノベーションサービスとして、充実した資金調達情報やイノベーションネットワークに関する専門知識を、イノベーションに携わる人々に提供しています。戦略的ローケーションにあるイノベーションパークは、タイで最も専門的且つ効率的なイノベーション開発センターであり、起業家がタイムリー、そして気軽にイノベーションにまつわる知識、資金調達、ビジネスに関する情報にアクセスできる場でもあります。

  • イノベーションプラットフォームを支援する重要インフラストラクチャー

イノベーションパークでは、NIAの戦略的イノベーションプラットフォームにより、充実した計画と実施が可能になります。イノベーションの推進に欠かせない重要インフラストラクチャーとして、NIAでは国内はもとより、国際的にもイノベーションへの高まる需要に応えるべく、情報技術やその他の関連分野において、高い技術を持った人材開発の重要性を認識しています。イノベーションパーク設立の成功により、NIAはイノベーションに基づくビジネスに対して力強い支援を提供し続ける決意です。

  • イノベーションネットワーク

NIAの戦略的なイノベーション専門家やイノベーションに触発された起業家が集うイノベーションハブとして、イノベーションパークでは、科学技術省と工業省の共同でイノベーションパートナーシップを提携しています。加えて、イノベーションパーク周辺は、高く評価されているビジネス、有名研究所、教育機関に囲まれています。