Strategy-jp

地域イノベーション

地域イノベーション成長の極

地域イノベーションは、ある特定の地域の経済的、社会的発展の刺激となり、天然資源と地理的優位性を効率的に利用することに焦点を当てています。工業力、インフラストラクチャー、労働力、学術的進歩が、イノベーション開発計画を達成する上での重要な要因であると考えられています。基本的に、経済・社会開発計画は、インフラストラクチャーの開発と投資の増加を目指します。しかし、基礎的開発と学術的進歩が別々の方向性へ向かっているということが明らかとなっています。

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA) は、「地域イノベーション開発」の前進が重要であると認識しています。タイ地理情報・宇宙技術開発期間(公的機関)(GISTDA)、, タイ持続的観光特別地域開発管理機構(公的機関)(DASTA)、タイ工業団地公社(IEAT)、ラヨン県庁と共同で、NIAは「アセアンに向けての地域経済イノベーション」プロジェクトを始動させ、統計学的データ、気象学的情報、生産に利用可能な原材料の詳細データ、公共部門と産業部門によって生み出される将来性のある投資に関する事実情報の取得と完遂を支援すべく、先述の機関と覚書を締結しました。これは、イノベーションの進歩に向けた生産的なアイディアの創造、イノベイティブなコンセプトを通じたイノベーションの共創、様々な地域社会における機関、ビジネス、住民の間で共有される知識の醸成を促すよう人々に働きかけています。

まず初めにNIAは、総距離約1,320キロに亘る大メコン圏南経済回廊(EWEC)に従った特別経済開発特区に関する政府方針に重きを置いた開発を、後述するような形で実施予定です。大メコン圏南経済回廊は、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムを戦略的に結んで開発されてきました。アンダマン海と太平洋の間で物流を大きく促進する重要な陸運ルートであると認識される一方で、事業展開や日常業務に反映される主流文化やイノベーションの核となる知識を拡散しています。しかし、NIAの意欲目標である、タイが工業、観光、商業、運輸、農業のすべてのイノベーションの側面において達成する上での一助となり、地域イノベーションをアセアン経済共同体(AEC)に展開する望ましい戦略を正確に示すため、価値連鎖分析が求められています。

NIA は、地域レベルにおいて、最終的にはイノベーション回廊、イノベーションシティ、イノベーション地区へと導いていくような地域イノベーションを始動しました。地域イノベーション開発は、イノベーションエコロジーシステムの促進に利用できる効果的なインフラストラクチャー開発、貴重資源の統合管理、住民参加の恒常的な促進、という主に3つの開発側面を重視しています。主な開発目的は以下の通りです。

  • 戦略的地域でのイノベーションの地域的発展を生み出す
  • 地域限定四重らせん構造(LQH)モデルに基づいた公的部門と民間部門の間での協調的行動を醸成する。
  • 実践スキル、訓練に関するイノベーション開発を促進する。

テイラーメイド・メカニズムの高価値・高インパクトのイノベーションポートフォリオ

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA) は、特にスタートアップ起業家、SME事業主、OTOP開発者、地域事業の経済・社会発展に向けた支援を継続することを約束しました。NIAは、様々な共通の目標を完全に達成するために、地元の有名企業と海外を拠点とする一流企業との相互協力を歓迎するという考えに大いに触発されています。

  • 対象となる産業のイノベーション能力の拡大
  • 技術支援と資金予算の確保
  • ポートフォリオ管理の有効性

NIAは、タイおよび外国の戦略的パートナーとの協力により、政府方針と合致するイノベーションに基づいたビジネス開発支援計画を実施しました。生産イノベーションの効率を高めるには、公的部門と民間部門が一丸となって取り組み、国家開発20年計画と合致するよう国民を鼓舞しながら、国家開発方針に順応できるようにしなければなりません。一方で、NIAは国家経済開発に有益な影響を与えるよう、徹底的にイノベーションの基礎を強化しようとしました。また、NIAは二重S字カーブモデルを通じてイノベーションと技術の開発を推し進めました。

    • 一つ目のS字カーブは、タイの既存産業のイノベーション開発を表しています。このような開発は、既存産業の生産性向上とイノベーションの前進が期待され、短期的及び長期的経済成長への直接的な影響があります。既存産業が必要とするイノベーション開発は以下の通りです。
    1.  次世代の自動車産業
    2.  スマート・エレクトロニクス産業
    3.  富裕層、医療、ウェルネスツーリズム産業
    4.  農業とバイオテクノロジー産業
    5.  未来産業のための食品
    • 新しいS字カーブは、モデルと技術の目覚ましい変化が明らかになっています。一つ目のS字カーブとは異なり、新しいS字カーブは、次の10年の経済「成長エンジン」としての重要なメカニズムとしての役目を果たすでしょう。新規産業は以下の通りです。
    1.  ロボット工業と自動化産業
    2.  航空産業
    3.  バイオ燃料とバイオ化学産業
    4.  デジタル技術産業
    5.  医療ハブ産業

イノベーション能力

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA)は、イノベーション能力を最高レベルまで上げていくという壮大な目的の一環として、公的部門、民間部門のイノベイティブな人々のイノベーション能力を開発する責任を負っています。

イノベーションの梯子– とは、サービス利用者からの様々な需要を十分に満たすという期待を背負いながら、主に以下の分野において、幅広いイノベーションの知識と技術的ツールによって前進していくものです。

  • 組織が持つ潜在能力を決定づけるイノベーション能力評価
  • 異なる開発状況に応じた効率的で応用が容易な解決策を確保する相談サービス
  • 組織や個人のイノベーション能力開発の最大限化

NIAは、「総合イノベーション管理(TIM)」と呼ばれる効率的で便利なイノベーション管理のための現代的なイノベーションツールの開発を主導しました。従って、NIAはシンガポールの規格生産性革新庁(SPRING)のための「ビジネス卓越性ニッチ基準イノベーション」プログラム、欧州品質管理財団(EFQM)の「EFQMイノベーションフレームワーク」プログラム、ドイツのドイツ協力公社(GIZ)のための「機能的イノベーションシステムモデル」プログラムを前進させました。総合イノベーション管理フレームワーク(TIMフレームワーク)と総合イノベーション管理マニュアル(TIMマニュアル)の完成により、NIAはタイにおけるイノベーションの最大のけん引役として名声を勝ち取りました。

2016年、NIAはタイ証券取引所(SET)と代替投資取引所(MAI)と提携し、上場企業投資家の能力を強化し、更なるイノベイティブな解決策を生み出し、全ての顧客に最高の満足度を提供する一方で、事業の統合性と持続性を推し進めながら、イノベーション能力最大限化プログラムを企画しました。更にNIAは、総合イノベーション管理(TIMマニュアル)の前進に繋がるような、イノベーションに基づいたビジネス開発を支援、促進する役割を担いました。報告によれば、TIMはイノベーションの卓越性と持続性へと導くイノベーション文化の進化を戦略的且つ一貫性を持って促し、民間部門にイノベーション活用へと駆り立てる道具として役に立ちました。意義深いことに、TIMにより、一流のイノベーションに基づいた組織が「イノベーション組織最優秀賞」の栄冠を受けるに値する更なる達成へと導かれることが期待されています。

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA)は、公的部門、民間部門、教育機関、地域社会の協力を得て、国家イノベーションを更に開発することを目的に四重らせん構造を展開させることに成功しました。四重らせん構造モデルは、応用知識を利用するより大きな潜在性、スキル能力開発の前進によって裏打ちされ、限りあるイノベイティブな資源利用の効率性を高めながら、イノベイティブな人々を協力、連結性、共同の創造のハブへと導くことが期待されています。これは、次のような共有利益へと繋がる、様々な側面におけるイノベーションエコシステムの強化に役立ちます。

  • 複数の部門から提供されたイノベーションに基づいた知識の連結性
  • イノベーションネットワークと協力の強み
  • イノベーションネットワークメンバー間でのイノベーション能力の最大限化

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA)は、イノベーションに基づいた製品が大きな成長の一歩を踏み出せるよう、「イノベーション拡大」戦略を推進する機会を増加させる意図を繰り返し明言してきました。加えて、イノベイティブな起業家が、次の主要なメカニズムを応用し、イノベーションの梯子を上っていくためのビジネスの潜在力を拡大することが可能になります。

  • イノベーションに基づいた製品にとって有益となる新しい市場開拓
  • イノベーション市場拡大を支持するイノベーションメカニズムとルーツの進歩
  • イノベーションに基づいた投資拡大と技術的知識の普及を促す外国投資パートナーとの提携

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA) は、データ主導型意思決定へと導くような競合的インテリジェンスを活性化することを期待しつつ、情報から得られる知識を完全且つ効率良く利用するために、データサイエンスを応用しました。データサイエンスの主な目的は以下の通りです。

  • イノベーションシステムの分析と評価を強化するための効率の良いイノベーションメカニズムとツールの創造
  • イノベーション普及の近代化と完成による支援メカニズムの開発
  • イノベーションシステムの質と有効性の引き上げ

地域イノベーション

本戦略は、主に医療イノベーション、eガバメント、地域イノベーションの開発を重点的に、ヨティイノベーション地区プロジェクトを通じて、ある住宅地域におけるイノベーション潜在能力を強化し、住民に地域社会におけるイノベーション機会を共同で創造することを目的に開発されたものです。

国家イノベーション庁(公的機関)(NIA) は、地域レベルにおいて、イノベーション回廊、イノベーションシティ、イノベーション地区へと導くため、住民のイノベーション潜在能力を最大限に引き出す所存です。換言すると、イノベーション潜在能力強化は、イノベイティブエコシステムの進展と適合したインフラストラクチャー開発の促進、地域イノベーションに刺激を与える貴重資源の管理、コミュニティ参加の醸成の3つの開発側面に焦点を当てています。

イノベーション回廊

東西経済回廊 (EWEC)

約1,320キロに亘る大メコン圏南経済回廊は、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムを繋げています。

実際、地域イノベーション は、あるコミュニティにおける地理的優位性と天然資源を活かした効率性を加味し、様々な生活分野における経済的、社会的発展を促進させることが期待されています。主な戦略は、地域社会における産業、インフラストラクチャー、人的資源、科学技術の進歩という経済社会発展の牽引に活用されています。経済社会開発計画は、一般的にインフラストラクチャーと投資促進に重点が置かれますが、本計画の実施には、未だ知識ベース及び技術的サポートの欠如により、大きな困難に直面しています。

NIAでは、あらゆる側面における発展に基づいた地域イノベーションの前進が重要であると認識しています。タイ地理情報・宇宙技術開発期間(公的機関)(GISTDA)、, タイ持続的観光特別地域開発管理機構(公的機関)(DASTA)、タイ工業団地公社(IEAT)、ラヨン県庁と共同で、NIAは「アセアンに向けての地域経済イノベーション」プロジェクトを始動させました。特別経済開発特区に関する政府方針に適合させながら、必要なデータを処理・分析する目的の一環として、統計学的データ、気象学的情報、生産に利用可能な原材料の詳細データ、公共部門と産業部門によって生み出される将来性のある投資に関する事実情報の取得と完遂を支援すべく、先述の機関と覚書を締結しました。それを達成するため、NIAでは、経験豊富なイノベーションに基づくビジネスプロバイダーと新規スタートアップビジネスの起業家を招致し、事業展開の成功と様々な地域社会の住民にとってより質の高い生活を得るのに必要なインフラストラクチャー、手段、メカニズムの開発に重きを置いた、将来性のあるイノベーションクラスターを共に創造していこうとしています。これは、イノベーションの進歩に向けた生産的なアイディアの創造、イノベイティブなコンセプトを通じたイノベーションの共創、様々な地域社会における機関、ビジネス、住民の間で共有される知識の醸成を促すよう人々に働きかけています。

まず初めにNIAは、約1,320キロに亘る大メコン圏南経済回廊(EWEC)に沿って、特別経済開発特区に関する政府方針に重点を置いた開発に取り組む所存です。大メコン圏南経済回廊は、タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナムを戦略的に結んで開発されてきました。アンダマン海と太平洋間の物流を大きく振興する重要な陸運ルートであると認識される一方で、事業展開や日常業務に反映される主流文化やイノベーションの核となる知識を拡散しています。しかし、タイが工業、観光、商業、運輸、農業のすべてのイノベーションの側面において成功を収める上での一助となる、というNIAの意欲的な目標の下、地域イノベーションをアセアン経済共同体(AEC)に展開する望ましい戦略を正確に示すためには、価値連鎖分析が求められています。